広島県呉市安浦町の西沖水産から、一年中新鮮な広島牡蠣をお届けします!通年販売「かき小町」、冬期販売「安浦うららかオイスター」、春期販売「安浦スプリングオイスター」、広島牡蠣を通販・直売しています。

2月末頃販売分から、表示を加熱調理用表示とさせて頂いています。春の牡蠣は、味が濃く、身入りがとっても良いので、お楽しみ下さい!

当サイトはH29年10月31日にリニューアルしました。旧カートからの会員情報が、どうしても引き継げなかったので、当面の間、旧カートと併用して運営していく予定です。(なお、旧カートは平成30年5月末をもって終了する予定です。旧カートでポイントを保有している方は、当サイトで新たに会員登録して頂き、旧カートからのポイントを移行するようご連絡を頂ければ、ポイントを移行させて頂きます。)
ご不便をお掛けして誠に申し訳ありません。

西沖水産の牡蠣について

安浦うららかオイスター(マガキの冬期販売)

安浦うららかオイスター(販売期間・11月~翌年2月)


天然採苗 二倍体牡蠣(二年物マガキ)杭打式漁場養殖

  「安浦うららかオイスター」とは、通常の筏で養殖するよりも、できるだけ良い身入りにさせるため、ある特殊な手間を加えて育てた二倍体カキに名付けた、当店のオリジナルブランド名称です。

        「安浦うららかオイスター」は一日の半分しか海水に浸からない、潮干帯という漁場に設置した「杭打式漁場」で育成させた牡蠣です。


   日の光を浴びて育つ事により、かき以外の付着生物の付着を防ぐ事ができ、垂下式筏(通常の筏)で生育させたカキよりも身入りが良くなります。岸壁などにくっついている牡蠣に近い、殻が固く、身が締まって甘い牡蠣になるのが特徴です。(岸壁も潮干帯であることに依ります。)
安浦うららかオイスターは、普通の広島牡蠣と、何が違うの?


      当店で「安浦うららかオイスター」と名付けているこのカキは、カキの種別でいうと「二倍体牡蠣(通常のマガキ)」にあたります。

  二倍体カキは、毎年夏に産卵し、秋からまた翌年夏の産卵に向けて身入りしていくというサイクルで成長しますので、当店ではカキの生育を早めるべく、独自の養殖法により手間暇かけて、この「安浦うららかオイスター」を育てています。農産物でたとえれば、ハウス栽培で育てるような感じで、カキにとって最も心地よい環境で育つよう工夫しております。


安浦うららかオイスターの育つ、「杭打式漁場」ってどんな漁場?


昔ながらの養殖法、杭打ち式漁場の様子。

       この状態は潮が干潮に近い状態ですが、満潮になると、この杭打ち式漁場はすべて海面下に沈んでしまいます。


        現在日本で行われている牡蠣養殖の多くは、「垂下式養殖法」という養殖法で、海上に浮かべてある筏、(または延べ縄)から牡蠣を海中に吊るし、カキが一日中海水に浸かっているという状態で養殖しています。

        カキは一日中餌が食べられるので、その分成長も早まりますが、同時に海中に多数存在している生物が、多くカキに付着してきます。 

   当店ではこの付着生物をできるだけ早期に取り除く事によって、カキの生育がさらに良くなると考え、途中まで筏で育てたカキを、ひとつひとつバラし、かごに入れ替え、「杭打ち式漁場」という、潮干帯に設置した漁場に移動させて、出荷を待ちます。 

安浦うららかオイスターのお勧めの調理法は?

    本当は生食がお勧めです。甘味と身の引き締まった、杭打牡蠣独特の風味が楽しめます。
 しかしながら販売時期が、丁度様々なウイルス流行時期と重なりますので、周辺の状態やご自身の体調を考慮して、生食なさって下さいね。

  大人にもお子様にも大人気の牡蠣フライや、その他時期的に鍋やおでんなどに入れるのもお勧めです。他の食材と組み合わせることによって、より風味が増しますよ!生食すると身が締まって感じられますが、加熱すると柔らかみも出て、他の食材と調和します。色々とお試しください!
   

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

こんにちは!ショップ管理人の西沖 清香です。

牡蠣の事やら、牡蠣と関係ない事やら、ゆる~くブログ更新しています。

店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

ページトップへ