「かき小町 おまかせサイズ」販売再開のお知らせ

「かき小町 おまかせサイズ」販売再開のお知らせ

12月~1月半ばにかけて、かき小町の販売を停止しており、この間ご入用だった皆様には、大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。

何とか在庫を確保できそうな見通しが立ったため、「かき小町 おまかせサイズ」のみ、販売を再開させて頂きました。

概ね殻付1個あたり、平均して160gぐらいです。

非常に品薄なため、ご入用の方はお早めにご連絡下さい。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

毎年の事ながら、まず新年早々お詫びから。
12月中は、一切HPが閲覧できない状態になっており、誠に申し訳ありませんでした。
この年末は、諸事情により、例年に増して人手不足で、予めあまり多くの受注ができない事を想定していました。
かなり制限も掛けさせて頂きましたが、それでも年末には発送が間に合わずに、遅延も発生させてしまったりして、ご迷惑をお掛けしたお客様方には深くお詫び申し上げます。

新年は1月4日より営業しております。

現在、かき小町は、在庫確認のため、販売を一時停止しております。12月中はあまりに多忙で、夫も在庫確認をする時間が無かったため、年末にかき小町をご要望頂いた方々には、ご希望に添えず、誠に申し訳ありませんでした。かき小町は早ければ2月頃より販売を再開できる見通しです。(ご入用の方は、詳細は店舗までお問い合わせください。)

現在「安浦うららかオイスター」剥き身・殻付のみ販売中です。

このHPは商品が見つけにくい、というお声を何度か頂きました。
何故だろうかと考えた結果、カテゴリーが、牡蠣の種類で区別してあるので、分かりにくいのではないか?と思い、ちょっとカテゴリー編集を、普通に剥き身・殻付・セットに分けてみようかと今考えております。度々更新することになるかと思いますので、サイトが落ち着くまでアクセスしにくかったりするかもしれません。スミマセン。。

ではまた更新します。

三江線の旅

もう一か月ほど前になりますが、私は一泊二日で、「三江線に乗る旅」に行ってきました。広島、島根県民じゃない方はあまりご存じないかも知れませんが、このJR三江線は、2018年3月をもって廃線になる予定の、ローカル線です。

詳しくはこちら

今私が住んでいる「呉市 安浦町」も、決して交通の便が良いわけではないので、もう何年も、あまり電車に乗ることがなく、移動はもっぱら車という生活をしています。

なので、久々の電車の旅を前に、私は考えました。

廃線予定のローカル線・・・って、一日の電車の本数は何本ぐらいあるのか?
終点まで行って、帰りのルートはどうしようか?

普段車生活に慣れ切っているので、この電車の旅はなかなかに手間が掛かりましたが、廃線になる前に、乗れて良かったです。結果的に行きはJR,帰りは高速バスで帰ってきました。

始発、広島県三次駅。

鵜飼いで有名な(?)江の川に添うように北上して、島根県江津駅まで走ります。
事前にネットで調べると、途中の駅では乗降するお客さまが殆どいらっしゃらないため、停車時間は僅か。途中飲食物を購入することは一切できないので、あらかじめ飲料などはお買い求めの上、ご乗車下さいという、車内アナウンスが流れてきました。

ガタン、ゴトン、ゆっくりと電車が走ります。車窓からはずーっと、右手に江の川が見えます。(左手はすぐ、山の斜面になってました。木の枝が窓にばちばちと当たります。)

どこの駅だったか覚えていませんが、とある駅の構内(?)にはこんな看板が。。。(車内から撮影しました。)
活けられたヒマワリが、行き届いた手入れを感じさせてくれますね!

同じく、車窓からの風景。ピンボケですみません。こんなふうに、川の風景が終点まで延々と続きます。

列車の最後尾の窓から。

そして、知る人ぞ知る(?)天空の駅、宇都井駅。
駅からの風景はこんな風でした。

途中、上りと下り列車の交差の為か、1時間20分の待合時間が発生する、石見川本駅に到着。

駅前にはこんな案内所がありました。

列車の出発時間が近くなり、乗客が車内に戻って来たころを見計らって、何と石見川本町(?)の町長さんと、役場の方々が、乗客にご挨拶をされに来ました。
曰く、「三江線が廃線になっても、またこの町に来てください、そして三江線を愛してくださって有難うございました!」云々を、とっても熱く語って下さって、乗客の皆様からは思わず、大きな拍手が。

この路線は、廃線が決まってから、廃線を惜しむ声がものすごく高まって、何とか残せないものかと、沿線住民やファンが色々な運動をしていました。新聞やTVなどでそれを見聞きするたび、「車窓からの景色が素晴らしい」らしいと知って、何がどのように素晴らしいのか、一度自分の目で確かめてみたかったのです。

私も若い頃は色んな電車に乗りましたけど、確かに、これだけずっと、川のそばを走り続ける電車というのは、もうあまり無い気がします。行ったときはわざと梅雨時期を狙って行ったので(天気のいい時は色々しなければならない仕事がありますので)、曇り空でしたが、この電車、秋の紅葉シーズンは最高だろうな~!と思いました。

今年の秋が、この三江線最後の秋になります。興味のある方は紅葉の頃、乗ってみられてはいかがでしょうか。(ただし、余程事前に調べて、計画を練っていかないと、大変な事になります。ご注意!)

車生活に慣れ切ってしまうと、電車の旅というのが、ものすごくある意味、贅沢に感じられますね。だから豪華寝台列車がブームになっているのかも?と思える、ちいさな旅でした。

新ブログに移転しました。

旧ブログから来て下さった方々、有難うございます。
まだこちらのブログは慣れていないので、ぼちぼちと投稿したり、過去記事の引っ越しをしたりしながら、慣れていこうと思ってます。

ところで先日、ちょっと我が家に大勢のお客様が来られました。
息子がアメリカに留学していた時の、大学の教授(昨年も我が家に来られた先生方)が、学生さん達と、先生のご家族を引き連れて来られたのでした。

彼らを船に乗せて、筏を廻ったり、牡蠣養殖の説明をしたり(学生さんたちは一切日本語が通じないので、説明は全部息子にやって貰いましたが)まぁ・・・大変でした。

でもとても楽しかったです。

あまりに人が多すぎて大変すぎて、しかも滞在時間も短かったので、全然写真が撮れませんでした。あとで振り返って、記憶を頼りに描いたものがこれです。記念に・・・。

いきなり〇〇

先日、息子の彼女ちゃんが我が家に滞在していたので、うちの娘と私と、彼女ちゃんの3人で、ひろしま美術館に「ピーターラビット展」を見に行きました。

入場制限があるという噂だったので、開場(AM9時)と同時に入れるように、朝早く自宅を出ました。おかげさまで入場制限には引っかかりませんでしたが、私たちが見終わった時間帯には、入場制限が行われていたようで、行列が出来ていました。想像はしてましたが、すごい人気ですね。



原画は10センチ四方ぐらいの、とても小さなスペースに、繊細に描き込まれたイラストばかりで、感動しました。ポターが「安価で手に取って貰える絵本を創りたい」という希望を持ってて、安価な本=小さい本=小さい原画を描く必要があったという事らしいです。







午前中、これを見た後、午後からは某庭園に、バラを見に行きました。
バラも丁度見頃を迎えてて、お天気も良く、堪能しましたよ!


そして、「ピーターラビット展」と「バラ庭園」の間に、実は昼食を摂りました。
行先は、広島市内にある「いきなりステーキ」というお店です。

以前から通りかかるたびに、行ってみたいなぁと思っていたので、この機会に入ってみることにしました。詳しくお知りになりたい方は、検索してみて下さい。

名前のイメージから、何となくふらっと立ち寄って、いきなりステーキを食べて、すぐ出て来れる店・・・なんだろうと思ってました。しかしながら、いろんな意味で、想像してたのとはちょっと、違ってましたね。

まず、ふらっと立ち寄れません。。何故ならばお店の前には行列が出来ているので、相当待たないと、入れなかったのです。しかも入ってから、注文しようと思うと、最低オーダー300グラム、とあって、肉の300グラムがどのくらいの量なのか分からず、とりあえず300グラムの肉を3人分(3枚)注文すると、運ばれてきたのが、「これ、食べきれるのか?」と思うような、凄い分厚さとボリュームのステーキだったのです。
(あまりのボリュームに圧倒されて、画像はありません。撮っておけば良かったなぁ。。)

とにかく早く食べないと、外で並んでいるお客様に申し訳ない、という思いで、ひたすら肉を食べる。。しかしすごいボリュームなので、なかなか減らない。なので焦る。なので必死になって食べる。。女性3名で、日中からひたすら無言で、ステーキを食べまくる・・・という、普段ではちょっとできない体験をしました。(付け加えておけば、特に安いわけではない、というか、正直むしろ高かったです。行かれる方は覚悟して行ってください。平日は少しは安いみたいですが。)

んん、今振り返って思うと、私もいつか、できる事ならば、「いきなりオイスター」みたいなお店を、やってみたいですね。いきなりふらっと立ち寄って、たった1個とか2個とかの牡蠣を、生、或は加熱したものを、ちょろっと食べて、すぐ出れるような。立ち食い感覚でね。

無性に牡蠣が食べたいんだけど、あまり時間が無いとか、おひとり様とかが、牡蠣だけ食べてさっと出れるようなお店。そういうのを作ったら、面白いんじゃないかなって、思いました。

牡蠣が一番美味しい時期になりました!

長い事更新して無くてスミマセン。。
ホントは色々とアピールしたい事もあったのですが・・・。

まず、今年の今の牡蠣は、身入りが絶好調に良くって、とっても美味しくなってます!
「安浦うららかオイスター(二年物マガキ)」も「かき小町(三倍体牡蠣)」も。
多分今が一番いい時期です。そして春先には多分もっと良くなっていきます。
お楽しみ頂ければ幸いです!

そして次にはお詫びを。
昨年度「かき小町」の在庫が全くなく・・・今年度もその不調を引きずってて、販売はさせて頂いていたのですが、サイズ指定(主に、Lサイズ、2Lサイズ)を承ることができす、おまかせサイズだけのご注文しかできないようになってました。1月の末にやっと、オンラインショップで、超特大以外のサイズ指定ができるように、在庫を戻させて頂きました。その間結構、長くて苦しかったです。(かき小町も、大きくなるのには一定の期間が要るのですよ。。)まぁなんとか、超特大以外のご要望にはほぼ、お応えできるようになりました。あとはこれを、如何に継続していけるか、なんですけど・・・お待たせしちゃって大変申し訳ありませんでした。

今が一番牡蠣が美味しい時期なので、なんとかギリギリではありましたが、在庫が戻せてホントに良かったなと思います。今後も在庫切れが発生しないように、大切に育成させてローテーションを上手く回せていければいいなと・・・思ってます。というか頑張りますね!

現在は生食用にて販売させて頂いています。保健所の収去検査の結果も良好で、綺麗な牡蠣であるというお墨付きを頂きました。今の処海域の状態も安定しているようです。とはいえ、ウイルス流行時期ですので、気になる方は加熱してお召し上がり下さい。生食希望の方は食べ過ぎにご注意下さい。

日米友好

夏の間に溜まってた、私の近況シリーズの続きです。
単なる私の近況なので、引き続き興味の無い方は、スルーして下さいませ。

次回からはちゃんと、牡蠣の事や、HPの更新情報、営業案内などを書きます。

*****************

だいぶ前になりますが、6月頃、アメリカからお客様が我が家を訪ねて来られました。
息子がアメリカの大学に留学していた先の、米ミューレンバーグ大学の教授、女性二名様です。
留学先で知り合った友人の方は、何名か(ここに書いた方も、書いてない方も含めて)来られましたが、教授の方は初めてでした。でも、私と同年代の、とっても話しやすく、気さくな方で、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

私は息子の留学中の事は、あまり知らなかったのですが、こんな風に言って頂き、またこんな遠くまで、息子に会いに来て頂いて・・・改めてアメリカでいかにいろんな方に、息子がお世話になったのかと考えると、胸が熱くなる想いでした。

K先生と、T先生。この方々は約半日の滞在だったので、なんとか頑張って、船外機で牡蠣の養殖現場までご案内して、筏に吊ってある牡蠣とか、杭打ち漁場とか、かき小町(三倍体牡蠣)の説明とか、させて頂きました。

そして夜は、広島市内にホテルを取ってあるということだったので、呉の居酒屋で少し、日米女子会など・・・。女子会の中身は、こんな感じでした。
なんか、とっても盛り上がりました。。

************
9月には、同じく息子の留学先でお友達になった、Oさん(男性)が、我が家を訪ねて来られました。

Oさんは現在東京で、日本の学生に英語を教える研修中で、約二年程東京に居られるそうです。

日本の学生に英語を教える・・・為に、彼はわざわざアメリカで、日本国旗とアメリカ国旗が仲良く繋がってるバッジ(?)を特注して沢山作って貰い、それを知り合った方に配っているという、とってもフレンドリーな方でした。


そのバッジは、当店の入り口にも飾ってありますので、ご来店の方は是非、ご覧ください。
息子の彼女ちゃんのお土産「マトリョーシカ」とともに飾ってあります。

この横に置いてある、牡蠣のパンフレットや、当店のカタログ等は、ご自由にお持ち帰りください。(でも飾り物は持ち帰らないで下さいね。。)


Oさんは我が家に一泊して帰られました。

泊まられた夜は、家で手巻き寿司パーティーをしました。その時は息子の彼女ちゃんも居たので、とってもにぎやかで和やかな夜となりました。

朝起きると、Oさんが、作業場の水槽の牡蠣に、朝の挨拶をされていました。

今はみなさん、それぞれの場所で元気に、過ごされているかな。

もうすぐ、アメリカ大統領選挙ですね。それがどうなろうとも・・・
皆さんがどんな国の方とも、仲良くなれる社会に、なって欲しいなと思うのです。

この世界の片隅に

え~、と。。
まだHPの方が更新できないので、溜まってるネタを引き続き書きます。
単なる私の近況なので、興味の無い方はスルーして下さいね。

先日「この世界の片隅に 展」を、呉市立美術館に観にいきました。
私の大好きな「こうの史代」さんの原作漫画が、このたび11月12日にアニメ映画となって、全国公開されるので、それに先立って、原画を展示してありました。
私は原作も持ってたのですが、息子の彼女ちゃんに持って帰られてしまって、今手元にありません。

呉空襲と、広島の原爆投下の時代を生きる、普通の女性の暮らしを描いたお話です。

私は時期的に、多分映画館ではこの映画は観れないと思いますが、DVDを買おうかと思っています。お近くで上映される際は、ぜひご覧ください。




原作の中に、「千人針」というのが出てきたのですが、正直どんなものか知りませんでした。私は何となく、千人でひと針ずつ何かを縫うんだろうな、ぐらいにしか思っていなかったのですが・・・

この美術館では「千人針体験コーナー」というのがあって、そこで現物を目にして、初めて「千人針」がどういうものか、理解できました。

戦争に行く兵士が掛ける襷に、「玉留め」で刺繍をしていくんですね。「玉留め=弾止め」敵の弾が当たらないように、という願いを込めてするものだと、親切に館内の方が教えて下さって、そして私もひと針、縫ってきました。



原作を読んで、何となく分かったような気になって過ごしていた、とても細かい部分の解説も沢山あり、この作品がとても詳細に資料を検証して創られたことも、改めて知ることができました。一番驚いたのが、主人公が戦艦大和の入港を見るシーンがあるのですが、実際に大和が呉に入港した日を調べて、そこから逆算してストーリーが作られたというところでした。とにかくこの展覧会に行かなければおそらく、知ることの無かった創作秘話が沢山展示されていて、大変勉強になりました。

もうちょっと早く、この話題を書きたかったのですが、展示は11月3日で終了します。

興味のある方は、ぜひ映画の方もご覧くださいね。

ポストカードを買ったときに付いていた、おまけハガキ。


ロシア料理と「君の名は」

余談ですが、我が家では夏の間、約40日間ほど、息子の彼女ちゃんが滞在していました。彼女ちゃんはロシア国籍の方なので、何かロシア料理でも(作ったこと無いけど)作ってあげたいなと思い、ボルシチなるものを作ってみようかと思って、材料を調べると、材料が「ビーツ(大根の一種?)」というところで、速攻挫折して、あっさり食べに行くことにしました。

その時息子は不在だったので、メンバーは、私と、うちの娘と、彼女ちゃんの3人。



行った先は、広島市内の「ペチカ」というお店です。
店内はこじんまりしていましたが、私たちが席について、しばらく経つと、お店はすぐ満席に。人気店なんですね。

何から選べばいいのか分からないので、3人とも、コース料理にしました。

前菜 豚肉の塩漬けと、ロシア風お漬物(?)



ペリメニ(水餃子のサワークリーム煮?)


ビーフストロガノフ


そして、ボルシチ。


どれもとっても美味しくって、また是非食べに行きたいです。

その後、今話題のアニメ映画、「君の名は」を観に行きました。レイトショーなのに、座席はほぼ埋まっていました。人気あるんですね。

もう観た方もいらっしゃるかと思いますが、とにかく映像が素晴らしく、ストーリーも夢があって、心底楽しめました。

とはいえ、前評判を見聞きすると、なんだか若者向きというか、私の世代からはついていけない印象を持っていたので、きっと私だけだったら絶対に、観に行ってないジャンルの映画だと思うのですが、彼女ちゃんが居てくれたので、観に行けた映画だったかもと思います。

FMを聴いていても、もう観に行った方も多そうですが、まだ観ていない方というのは「観てみたいけど、自分はもう年配なので、若者に混じるのはどうも・・・」と躊躇されている方が多いと思います。そんな方は「騙されたと思って」観に行ってください。どんな年代の方でも楽しめて、観て良かったなぁと思える素晴らしい映画です。私も滅多にそんなこと思いませんが、もう一度、「映画館で」観てみたいと思える、そんな映画でした。


今シーズンの生食用解禁日は、11月7日です。

今、加熱用で販売していますが、今日通達がありまして、今年の広島牡蠣の生食用解禁日は11月7日販売分からとなります。

昨シーズン、ちょっと色々思うところがあり、試験的にほぼ通年加熱用として販売してみたのですが、生食用表示の希望がすごく多くって・・・で、色々考えた末に、何とか生食用で出せる時期は、生食用として販売していこうと、思いました。

多分、短い期間になると思います。11月7日~年内いっぱいぐらいかな。
ウイルスが流行し始めたら、加熱用に切り替える予定ですので、

生食用をご希望の方は、11月7日~年末頃までにお求めください。

それと同時に、安浦うららかオイスターの販売も、11月7日から開始する予定です。最初の時期は、かき小町とのミックスになると思います。

またHPの方も更新しますが、取り急ぎご報告までに。