牡蠣の種が採れました!

ご無沙汰していてすみません・・・。
毎日、暑いですね!

今朝の中国新聞でも、大々的に報じられていましたが、今年は無事に、広島県では牡蠣の種が沢山採れました。昨年は超採苗不調だったので、うちでは1枚も採苗することができず、この春はマガキの本垂下作業が全然できなかったので、どうしようかと思ってたところでした。

なんとかこの夏、とてもいい種が採れたので、本来は春にするべき本垂下作業を、約3か月遅れではありますが、今大急ぎでやってます。

これが、今年採れた種。



この種を、このように筏に吊って大きくしていきます。(これが、本垂下作業です。)



これで何とか、来年の牡蠣シーズンに間に合いそうです。やれやれ、ほっとしました。

筏の上にテントを張り、汗たらたらで頑張って作業しています。

ところで実は、うちのHP、カード決済でご注文が受け付けられるようになりました。
まったく告知ができていないところに、まるで待ってましたといわんばかりに、早速新しい決済機能を使って、ご注文くださるお客様が多くいらっしゃって、本当にありがとうございます。(まだ不慣れで、ご不便をおかけすることもあるかもしれません。早く慣れるよう頑張ります!)

決済機能を充実させたところで、いろいろとHPの改善もしていかないといけないところです。

養殖作業も大変ですが、HPの方も力を入れていきたいと思っています。

かき小町の本垂下作業

世間はGW間近で、行楽ムードが高まっておりますが、私たちはずっとお仕事です。
この爽やかな気候の中、屋外、海上作業を一気に済ませてしまおうと、日々頑張っています。
作業内容は様々ですが、今日はバイト君達も来てくれて、筏の上で、「かき小町本垂下」作業を行いました。


長さ6メートルほどのワイヤーに、管と、かき小町種苗を交互に通していって、筏に吊り下げ、一気に大きく育てます。

このホタテガイの殻についている小さな牡蠣が、かき小町の種苗です。


ちなみに、これは昨年購入したものを、今まで抑制棚というところで、あまり大きくならないように、保管しておいたもの。

なので、少しは牡蠣らしく見えますね。



ちなみに、最近購入した、今年の種はまだこんな風です。



通常の年なら、もう少し大きくなるまで待ってから本垂下するんですが、今年は尋常じゃなく牡蠣の種が品薄な年なので、このまま本垂下することにしました。うまくいけばいいのですが。

RCCラジオでカープ戦中継を聴きながら、のどかにお仕事する、日曜日なのでした。