「安浦うららかオイスター」の販売を開始しました!

なかなか更新できなくて、申し訳ありません。
11月20日より、「安浦うららかオイスター(マガキ)」の販売を開始しました。

「いつからオンラインショップで購入できるのか?」というお問い合わせを多数頂いておりましたが、遅くなってすみませんでした。オンラインショップでも購入できるように、設定しておりますので、よろしくお願いいたします。

昨日・・・HPを更新しようとして、気が付いたのですが、私の使っているソフトが、何故か画像を認識してくれない・・・。これまでテンプレートという機能を使って、全頁のヘッダー部分に、現在の在庫状況とかを反映させていたのですが、その画像を読み込んでくれないので=全ページに在庫状況などを反映させることができず=思ったような更新ができない事に気が付きました。

有償アップグレードしないといけないかな。。(思案中・・・。アドビ製品に詳しい方がいらっしゃったら、教えて下さい。)

というわけで、更新はブログが主になってくると思います。
12月29日最終発送をお考えの方は、できるだけ早くご予約下さい。(多分11月末日には締め切ります。)なお、年末発送分は、オンラインショップではご注文頂けないので、お電話またはメールでお願いいたします。

先日、私のブログをご覧になっている、というお客様が来店されました。(有難うございます!)
やっぱり、言われると嬉しいもんですね。
私はあまり、外に出ないので、写真が撮れないのです。
特に、書きたい内容の殆どは人物なので、人にカメラを向けるのも・・・と思うと、表現がどうしてもイラストになってしまいます。
公に自分の絵を公開するのは、今まで極力避けるようにしてきたのですが、楽しみにしてくれる方もいらっしゃるようなので、今後は絵も沢山描いていこうと思ってます。


日米友好

夏の間に溜まってた、私の近況シリーズの続きです。
単なる私の近況なので、引き続き興味の無い方は、スルーして下さいませ。

次回からはちゃんと、牡蠣の事や、HPの更新情報、営業案内などを書きます。

*****************

だいぶ前になりますが、6月頃、アメリカからお客様が我が家を訪ねて来られました。
息子がアメリカの大学に留学していた先の、米ミューレンバーグ大学の教授、女性二名様です。
留学先で知り合った友人の方は、何名か(ここに書いた方も、書いてない方も含めて)来られましたが、教授の方は初めてでした。でも、私と同年代の、とっても話しやすく、気さくな方で、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

私は息子の留学中の事は、あまり知らなかったのですが、こんな風に言って頂き、またこんな遠くまで、息子に会いに来て頂いて・・・改めてアメリカでいかにいろんな方に、息子がお世話になったのかと考えると、胸が熱くなる想いでした。

K先生と、T先生。この方々は約半日の滞在だったので、なんとか頑張って、船外機で牡蠣の養殖現場までご案内して、筏に吊ってある牡蠣とか、杭打ち漁場とか、かき小町(三倍体牡蠣)の説明とか、させて頂きました。

そして夜は、広島市内にホテルを取ってあるということだったので、呉の居酒屋で少し、日米女子会など・・・。女子会の中身は、こんな感じでした。
なんか、とっても盛り上がりました。。

************
9月には、同じく息子の留学先でお友達になった、Oさん(男性)が、我が家を訪ねて来られました。

Oさんは現在東京で、日本の学生に英語を教える研修中で、約二年程東京に居られるそうです。

日本の学生に英語を教える・・・為に、彼はわざわざアメリカで、日本国旗とアメリカ国旗が仲良く繋がってるバッジ(?)を特注して沢山作って貰い、それを知り合った方に配っているという、とってもフレンドリーな方でした。


そのバッジは、当店の入り口にも飾ってありますので、ご来店の方は是非、ご覧ください。
息子の彼女ちゃんのお土産「マトリョーシカ」とともに飾ってあります。

この横に置いてある、牡蠣のパンフレットや、当店のカタログ等は、ご自由にお持ち帰りください。(でも飾り物は持ち帰らないで下さいね。。)


Oさんは我が家に一泊して帰られました。

泊まられた夜は、家で手巻き寿司パーティーをしました。その時は息子の彼女ちゃんも居たので、とってもにぎやかで和やかな夜となりました。

朝起きると、Oさんが、作業場の水槽の牡蠣に、朝の挨拶をされていました。

今はみなさん、それぞれの場所で元気に、過ごされているかな。

もうすぐ、アメリカ大統領選挙ですね。それがどうなろうとも・・・
皆さんがどんな国の方とも、仲良くなれる社会に、なって欲しいなと思うのです。

この世界の片隅に

え~、と。。
まだHPの方が更新できないので、溜まってるネタを引き続き書きます。
単なる私の近況なので、興味の無い方はスルーして下さいね。

先日「この世界の片隅に 展」を、呉市立美術館に観にいきました。
私の大好きな「こうの史代」さんの原作漫画が、このたび11月12日にアニメ映画となって、全国公開されるので、それに先立って、原画を展示してありました。
私は原作も持ってたのですが、息子の彼女ちゃんに持って帰られてしまって、今手元にありません。

呉空襲と、広島の原爆投下の時代を生きる、普通の女性の暮らしを描いたお話です。

私は時期的に、多分映画館ではこの映画は観れないと思いますが、DVDを買おうかと思っています。お近くで上映される際は、ぜひご覧ください。




原作の中に、「千人針」というのが出てきたのですが、正直どんなものか知りませんでした。私は何となく、千人でひと針ずつ何かを縫うんだろうな、ぐらいにしか思っていなかったのですが・・・

この美術館では「千人針体験コーナー」というのがあって、そこで現物を目にして、初めて「千人針」がどういうものか、理解できました。

戦争に行く兵士が掛ける襷に、「玉留め」で刺繍をしていくんですね。「玉留め=弾止め」敵の弾が当たらないように、という願いを込めてするものだと、親切に館内の方が教えて下さって、そして私もひと針、縫ってきました。



原作を読んで、何となく分かったような気になって過ごしていた、とても細かい部分の解説も沢山あり、この作品がとても詳細に資料を検証して創られたことも、改めて知ることができました。一番驚いたのが、主人公が戦艦大和の入港を見るシーンがあるのですが、実際に大和が呉に入港した日を調べて、そこから逆算してストーリーが作られたというところでした。とにかくこの展覧会に行かなければおそらく、知ることの無かった創作秘話が沢山展示されていて、大変勉強になりました。

もうちょっと早く、この話題を書きたかったのですが、展示は11月3日で終了します。

興味のある方は、ぜひ映画の方もご覧くださいね。

ポストカードを買ったときに付いていた、おまけハガキ。