安浦スプリングオイスター

現在販売している「安浦うららかオイスター」と、春期販売予定の「安浦スプリングオイスター」は、基本的に同じ二年物マガキです。

ただ、春からお値段をお安く提供させて頂く予定です。

何時をもって「春」とするのか?というのは、結構難しい問題なのですが、
前置きはさて置いて、当店では2月25日(木)販売分から

二年物マガキを(単価)
殻付1キロあたり 510円
剥き身1キロあたり 2160円

にて販売、発送受付をする予定です。
(オンラインショップでは微調整ができないので、3月1日をその区切りとさせて頂いています。早期に春牡蠣の予約をされたい方は、お電話でご予約下さいませ。)

店頭では早期に反映させて頂く予定です。

「今年は牡蠣が無い」(実際全般的にはあまり無いみたいですが。)
「なので高いんじゃないか?」(でも、そんなことはしませんので。。)

というお問い合わせを良く頂きますが、当店のマガキはまだ在庫が十分にあります。(かき小町は今はあまり在庫がないのですが、もうちょっとしたら、在庫も増えると思います。スミマセン。。)

マガキ(安浦スプリングオイスターに移行しても)の販売は、今年は5月半ばぐらいまでできると思います。

なので、春牡蠣をお楽しみにされている方は、じっくり腰を据えて、春を待つのも良し、早めに予約されるのも良し。という感じです。

日にちが限定されていない方は、あと1週間ぐらいお待ち頂ければ、よりリーズナブルにお楽しみ頂けますので(マガキに関しては)、2月25日以降にお買い上げ頂ければなぁと思います。現在ストックを貯める準備作業の真っ最中で、忙しくしています

牡蠣のスモーク作り

最近久々に、牡蠣のスモークを作りました。10年ぐらい前に凝ってて、色々グッズも揃えたのですが、この作業、ホントに手間が掛かる。スモーク作りで一番大変なのが「スモーカーを洗う」という作業かなと思います。

煙は冷めたら落ちないので、昔スモークをやったあとは、スモーカーをお風呂場に持って行って、お湯を掛けて洗っていました。でもスモーカーは結構大きいし、風呂場で洗うのは大変だ。。

というわけで、足が遠のいていました。

でも数年前、スチームクリーナーを購入し、家の掃除をしていたらふと。。。
そうだ、スチームクリーナーで、スモーカーを洗ったらいいんじゃない!?ということに気が付いての久々の牡蠣のスモーク作りに挑戦!

作り方

1 牡蠣を海水にちょっと塩を足したもので1分ぐらい茹でて加熱する。
2 ざるにあけて牡蠣の水分を切る。
3 牡蠣を一粒ずつ、ペーパータオルで拭く。
4 業務用冷蔵庫の棚にペーパータオルを敷き、牡蠣を並べる。牡蠣の上にもペーパータオルを敷いて、そのまま1日風乾させる。
5 一旦風乾させた牡蠣を、一度タッパーに密封して冷蔵。中の水分を出す。
6 タッパーから出した牡蠣を再び、業務用冷蔵庫の棚に並べて風乾、時々裏返してまんべんなく乾かす。(2~3日)

7 完全に中の水分が抜けきったところで、やっとスモークできます。湿気の少ない気温の低い日を狙って、スモーカーにスモークウッド(なんでもいいです、お好みで。)を入れて煙を出し、スモーカーの網に牡蠣を並べてスモーク。(冷燻法では、このときヒーターは使わない方がいいと思います。)2~3時間燻製し、牡蠣を取り出してタッパーに密封して冷蔵。(約1日)

8 翌日、7と同じ手順で再びスモーク。欲を言えば7と8を念入りに何日かかけて繰り返すと、ホント最高級のものができるのですが、私は2回ぐらいしかできないです。

念入りに短時間で煙を掛け、取り出して冷蔵、また煙を掛けるというのを2~3回ほど繰り返すと、たった一粒食べただけで、いつまでも胃の中から薫るようなスモークが出来上がります。
まぁとっても時間があり、スモークにこだわりのある人はお試しください。(ちなみにこれは、師匠に教えて頂いた作り方です。)

うちのスモーカーです。こんな感じで。

久々にやったスモークは楽しかったです。昔のHPでは、スモークのコーナーも作っていたことがありますが、復活させようかなぁ。