かき小町の本垂下作業

世間はGW間近で、行楽ムードが高まっておりますが、私たちはずっとお仕事です。
この爽やかな気候の中、屋外、海上作業を一気に済ませてしまおうと、日々頑張っています。
作業内容は様々ですが、今日はバイト君達も来てくれて、筏の上で、「かき小町本垂下」作業を行いました。


長さ6メートルほどのワイヤーに、管と、かき小町種苗を交互に通していって、筏に吊り下げ、一気に大きく育てます。

このホタテガイの殻についている小さな牡蠣が、かき小町の種苗です。


ちなみに、これは昨年購入したものを、今まで抑制棚というところで、あまり大きくならないように、保管しておいたもの。

なので、少しは牡蠣らしく見えますね。



ちなみに、最近購入した、今年の種はまだこんな風です。



通常の年なら、もう少し大きくなるまで待ってから本垂下するんですが、今年は尋常じゃなく牡蠣の種が品薄な年なので、このまま本垂下することにしました。うまくいけばいいのですが。

RCCラジオでカープ戦中継を聴きながら、のどかにお仕事する、日曜日なのでした。